一枚板のダイニングテーブルのメリット

ダイニングテーブルと一言で言っても、その種類は様々ありますが、ダイニングテーブルの中でも最も人気があるのが、一枚板のものになります。多くのテーブルは集成材と呼ばれる加工された木を、複数繋ぎ合わせてテーブルの形を作ります。しかし、一枚板のダイニングテーブルは一本の丸太から切り取った木を、そのまま使用しています。そのため他にはない魅力が詰まっていますが、それと同時にデメリットとなってしまう部分も出てきてしまいます。テーブルは一度購入をしたら長く使い続けていくものですので、購入前にどのような特徴があり、どのような欠点や注意点があるのかを知っておく必要がありますので、ここではメリットはもちろんですが、デメリットも同時に見ていくことにしましょう。

知っておくべき魅力と良いところとは

一枚板の魅力といえば、何と言っても木目が途中で途切れることなく、木の端から端まで繋がっていることです。それに加えて、その木目の模様も銘木と呼ばれる高級なものとなれば、トラ杢と呼ばれる様な虎目のキラキラした美しい模様を楽しむことができますので、他にはない魅力となっています。部屋の雰囲気などをナチュラルな感じにしたいと考える方も多いですが、そんな時には一枚板は最適なテーブルになります。この種類や塗装、厚みによってはナチュラル感を出しながらもモダンなテイストにしたりすることも可能になります。そして、一本の丸太から作り出されていますので、同じものが一つとして存在しないのも魅力の一つとなります。同じ成長をする木は存在していませんので、木目も違えば形もすべて異なりますので、自分だけのテーブルが欲しい方には最適なものとなっています。

知っておくべき欠点と注意点とは

天然に近い状態を保ちながら作られるテーブルは、それだけ多くの魅力を兼ね備えていますが、それゆえに難しい点も多くなってしまいます。木という素材は、板になっても呼吸をしているとも言われていますが、これは気に含まれる水分が周りの湿度に反応をして出ていったり吸収したりを繰り返すことにあります。ですので、わずかな体積の変化によって板が反り返ってしまったり、場合によっては割れてしまうこともあります。またいくら自然な感じを残しているとは言っても塗装はされていますので、その点も理解しておく必要があります。塗装には2種類あり、できるだけ木は持つ本来の質感を生かすためのオイル塗装と、傷がつきにくくはなるが塗装は厚くなる為、木の質感や肌触りを感じにくくなるウレタン塗装の2種類になりますので、慎重に選ぶようにしてください。