一枚板のダイニングテーブルのお手入れ方法

重厚で高級感のある雰囲気が魅力の一枚板のダイニングテーブルは、合板や金属、ガラス製のテーブルとは異なったお手入れが必要となります。他の素材でできたテーブルと比べると多少手間はかかりますが、適切なお手入れをすることで汚れを防ぎ、いつまでも美しいままで経年変化を楽しむことができますし、手をかければかけた分だけ愛着がわきます。また、細かい傷がついてしまった場合でも、お手入れの仕方を事前にわかっていれば焦ることはありません。一枚板のテーブルは、その塗装の種類によってメンテナンスの種類が変わってきます。これからテーブルを購入する方はどの種類の塗装のテーブルにするか、すでにテーブルを持っている方はそのテーブルがどの種類の塗装であるかを確認しておきましょう。

一枚板のダイニングテーブルの塗装別のお手入れの方法

塗装の種類はいくつかありますが、ほとんどの場合「オイル塗装」か「ウレタン塗装」です。オイル塗装は木にオイルを染み込ませることで耐水性を高めます。もともとの木の色合いや手触りを損なわないため、木のぬくもりを重視する方にお勧めの塗装方法です。オイル塗装の場合、年2回程度オイルを塗りなおす必要があります。やり方はまずテーブルを水拭きし、十分に乾いたら専用のオイルを塗り広げ、余分なオイルを乾いたタオルで引き取ります。後は完全にオイルを乾燥させれば完了です。もう一方の「ウレタン塗装」はテーブルの表面に薄くてかたいウレタンの層をつくる塗装方法です。ウレタンの層ができるので木の色合いや手触りは損なわれてしまいますが、水に極めて強く、汚れもとても落としやすいのでメンテナンスフリーであるのが長所です。

テーブルに傷がついてしまったときのお手入れ

一枚板のダイニングテーブルに傷がついてしまったときに気を付けたいのは、水です。傷がついたところから木の内部に水が染み込むと木が膨張し歪みの原因になりますし、最悪の場合その部分が腐食してしまいます。オイル塗装の場合には、定期的なメンテナンスと同じ要領でオイルを塗ってあげましょう。傷がついたところだけにオイルを塗ろうとするとむらができやすいため、手間はかかりますがテーブル全体に塗装するのがポイントです。一方、ウレタン塗装の場合には自分で塗装することはできません。市販のパテなどで応急措置をすることはできますが、見た目を損なってしまいます。傷がついてしまったらマスキングテープで応急措置をして置き、専門業者に依頼するのがおすすめです。なお、専門業者であればウレタン塗装からオイル塗装に、あるいはその逆に変えることもできますので、テイストを変えたいのであれば塗装の種類を変えるのも良いでしょう。