一枚板のダイニングテーブルの持つ魅力

お値段も高く、お手入れも大変で取り扱いも大変なのが木製の家具です。とはいえ、その温かみや重厚感、手触りの良さなど他の素材にはない魅力がいっぱいでさまざまな年齢層から支持を集めています。どうせ木製にこだわるのでしたら、一枚板のダイニングテーブルというのはどうでしょう。巨大な一本の木からダイニングテーブル用に取れる板はせいぜい一枚か二枚のみ。そのためお値段は高いものの、重厚感は他に比べ物になりません。ナラやヒノキ・ケヤキ・ウォールナットなど一枚板に使われる木の種類はさまざまありますが、それぞれに表情が異なり、時間の経過によっても表情が違ってくるので長年楽しむことができるのです。和風でも洋風でもどんなテイストのお宅でもインテリアを邪魔することはありません。

一枚板ダイニングテーブルの魅力について

同じ種類の木でも、育ってきた環境によってそれぞれに表情の違う木目。この木目が途切れずに端から端まで繋がっているというのが一枚の板で作られたテーブルの魅力です。特に高級なものは虎目のキラキラした模様でトラ杢と呼ばれプレミアム感があります。もちろん、木製品ならではの温かみや高級感、木の香りや触り心地の良さも魅力です。丁寧に取り合ってやれば何年も使い続けることができます。年月により日焼けして風合いが変わったり、使用する中で傷が付いたりすることもあるでしょう。ちょっとした傷なら削って取り去ることもできますし、残しておくのもそれもまた魅力です。家族の歴史として味わいとなるのです。ずっと、家族の中心として家族を温かく見守ってくれる、そんな家具となるでしょう。

ブックマッチとの違いと魅力について

原木を切り出して一枚の板として使用する方法もありますが、ブックマッチというのもあります。これはもともと一本の木の隣り合わせだった2枚の板をほんの見開きのように組み合わせたもの。こちらは左右対称の木目となるのです。もちろん、木の上から下までは木目が途切れることなく続いています。シンメトリーでバランスよいフォルムが魅力です。ただ一本の木でたった1枚しかとれずもちろんお値段は高いです。対照となっている様子を引き立たせるためにスリット入りのものにすることもできるし、スリットなしも選べます。一枚板の魅力を更に味わいたいというのであれば、こちらも検討してみるのもよいでしょう。世界にたった一つの模様を持つダイニングテーブルです。自然が作り出したデザインに圧倒されるでしょう。

チェアやベッド等、多数のグッドデザイン賞を受賞。 テーブルのデザイン、サイズ、脚の種類に至るまで、お客様にお選びいただけます。 一本の大木の表情を最大限に活かした、世界でたった一つのテーブル「一枚板テーブル」。 商品数が豊富な為、フルコーディネートが可能です。 メールでのお問い合わせは、24時間受付中です。 熟練した職人による手仕上げの家具メーカーです。 ダイニングテーブルを一枚板製でお探しなら家具蔵へ